Tears*drop

(*'-')まったり。オンラインゲームを中心に音楽、本などの雑記ブログ

 

七夕 

夏といえば読書の季節です。

集英社のナツフェス、角川のカドフェス、新潮文庫の100冊、あとプレミアムカバーも毎年楽しみです。
毎年プレミアムカバーは1冊買うようにしてます。だって素敵だから。
2018年の今年は、宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」を購入しました。

最近は星に関する本ばかり読んでるので少しご紹介~


流星ワゴン / 重松 清

38歳、秋。ある日、僕と同い歳の父親に出逢った――。
僕らは、友達になれるだろうか?

死んじゃってもいいかなあ、もう……。
38歳・秋。その夜、僕は、5年前に交通事故死した父子の乗る不思議なワゴンに拾われた。
そして――自分と同い歳の父親に出逢った。
時空を超えてワゴンがめぐる、人生の岐路になった場所への旅。


時空を超えるワゴンで過去の出来事を追体験して、それぞれの未練や後悔を消化するお話です。
流星ワゴンはドラマもやってましたね。名作ですし重松さんの作品を手に取ったことがないって人にもおすすめできる作品です。
読み終わった後に、絶対に正しい選択なんてないけれど、それでも、少しでもよくなるような選択を続けていけたらいいなあと、
悔いのないように生きよう、って思わせてくれる良い作品です。

重松 清さんの作品はいいですよね。教科書とかに載ってるような気がします。
中学生ぐらいのときにナイフやエイジやらと出会って刺さりまくった覚えがあります。



施設運営部プラネタリウム事業課天文係―
それは、5月上旬に新入社員研修を終えた渡久地昴が告げられた配属先だった。

希望とは違う部署で働くことになった昴は、先輩である望月にプラネタリウムのコンソールボックスへ案内された。上映が始まると、指先一つで宇宙を操り、観客に星の解説をする仕事を目の当たりにする。

「人は何のために星を見るのでしょうか」
その答えを知るために、故郷を捨てた己と向き合っていく。


「人はなんのために星を見るのか」
その問いについて、主人公の昴はいろんな人との出会いを通して答えを探していきます。

疲れた時に、空を仰いでしまうのはなんでなんでしょうね?
月や星を見ると、ほっとしますよね。
新入社員が主人公なので、この春から社会人になった人にもおすすめな作品です。

category: Book

TB: --    CM: 0

コメント

▲ page top

コメントの投稿

Secret


カウンター


プロフィール


カテゴリ


カレンダー


月別アーカイブ


検索フォーム


VAGRANCY JUKE BOX


著作権表記