Tears*drop

(*'-')まったり。オンラインゲームを中心に音楽、本などの雑記ブログ

 

蝶々の纏足 

私の心を束縛し、私の自由を許さない美しき親友のえり子。彼女の支配から逃れるため、私は麦生を愛し、彼の肉体を知ることで、少女期からの飛翔を遂げる「蝶々の纏足」。教室という牢獄の中で、生贄となり苛めをうける転校生の少女。少女は自分を辱めた同級生を、心の中でひとりずつ処刑し葬っていく「風葬の教室」。少女が女へと変身してゆく思春期の感性をリリカルに描いた3編を収録。


蝶々の纏足とても好きです。

いつも思うけれどこの人の描く、肉体的な欲求から精神的な欲求に繋がっていく
生物としての本能らしい考えが好きです。食事のような性的欲求がとても健全で気持ちいいですね。
綺麗で繊細な文章を描くのに、考えている事がとってもシンプルというか肉体的で良い。
色々考えても結局行き着く先はシンプルな答えしかないと私も思ってるのでそういうのはいいですね

あれこれ考えても同じ場所に行き着いてしまうのはその人の性だろうから
だったら最初から小難しく無駄な悩みを抱えないで生きていきたいですね。

詠美さんはとても女性に人気のある作家だと思うのですが、
それはやっぱり文章を読んでいて、微笑ましい共犯感というか、
そうそう私もそう思ってたのよ、でもこれってちょっと特別よね。
みたいな、そう思わせられる秘密の女子会のような共感を覚えさせられるのはすごいと思います。
(これに近いのは小学生がお母さんの化粧品を使いたくなるようなおませな気持ち)
私ってオトナなのって思いたい少女は読んで共感するべし

この人の書く女性は熟していて生意気なのが良い。
年齢に関係無しに肉体的、精神的に熟れていて(ませているとも言い換えられる)
冷めているに見えて意外と盲目的で、閉鎖的だけど社交的で。
世界が自分の手の届く範囲だと思い込んでいて、
学校の図書室の本を全部読み尽くしただけで全てを知った気になっているような
特別艦が強く愚かで閉鎖的で夢見がちな女の子がかわいらしい。

誰にも言えない秘密を持っていて、プライドが高く、それでいて性的に魅力的で。
そんな女性を美しく描ける作家のこの作品はおすすめです。

松浦だるま先生の累─かさね─とか好きな人はきっと好きだと思います…
女性のどろどろで憎しみに溢れた美しい部分、好き……

category: Book

TB: --    CM: 0

コメント

▲ page top

コメントの投稿

Secret


カウンター


プロフィール


カテゴリ


カレンダー


月別アーカイブ


検索フォーム


VAGRANCY JUKE BOX


著作権表記